読書ノート D・カーネギー 人を動かす

読書ノートを別Blogに公開しました。

第一部、第一章の感想を述べています。

内容をこちらでも公開しますね!

あなたは、D・カーネギー著

「人を動かす」という本をご存知ですか?

この本は、米国はもとより

世界各国語に翻訳されて

いまだに売れ続けている

超ベストセラーなのです。

私は大学の頃にこの本と出会い

サークル運営などに

この本から学んだスキルを

付け焼刃的に使っていたのが

なつかしくも恥ずかしい思い出です。

引っ越し荷物の整理をしていて

久しぶりにページを開いたところ

前書きの日付が昭和33年だったので

60年近く前になるのに驚きました。

原理や原則というものは

流行りや、時代には

ほとんど関係がないのですね。

第一部「人を動かす原則」にて

多くの事例を用いて述べられているのは

どのようにすれば、人に嫌われずに

むしろ喜んで協力してもらえるように

なるのかというアイディアだからです。

いまでも十分当てはまる事なので

そのうちの1つを今回ご紹介致します。

それは、第一章に述べられている

「決して人を非難してはならない」

という事です。

感情に支配されてしまうと

どうしても他人を非難したり

小言を言ってしまうのですが

あなたは今日からこれを止めて

まずは相手を理解してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする