厄年って何?男女で違うってホント??

昔から日本人に知られている

「厄年」って

一体何であるか

あなたはご存知ですか?

実はこれ

根拠となる出典が

はっきりとは解っておらず

さらに地域や宗派によって

微妙にずれているのです。

一般的に男性の本厄は、数え年で

25歳、42歳、61歳

女性の場合には

19歳、33歳、37歳とされています。

数え年の考え方も、神社で異なっており

西暦の1月1日から始まる場合も

2月4日の立春からとする場合もあるのです!

ややこしいですね・・・

厄払いをしようと思っている

お寺さんか、神社に問い合わせをするのが

一番確実ですね!

さて、それでは来年2018年(平成30年)は

いったいどなたが厄年に当たるのでしょうか?

男性の場合は、以下が本厄です。

25歳 1994年(平成6年)生まれ

42歳 1977年(昭和52年)生まれ

61歳 1958年(昭和33年)生まれ

女性の場合には、以下が本厄です。

19歳 2000年(平成12年)生まれ

33歳 1986年(昭和61年)生まれ

37歳 1982年(昭和57年)生まれ

61歳 1958年(昭和33年)生まれ

※この年を女性の厄年に含めない地域もあります

さらに本厄の前年には前厄

後年には後厄と、前後で三年は

厄年と考えられております。

そもそも、なぜこの年齢が

厄年と言われるのでしょうか?

19歳(女性)は思春期なので

心と体のバランスが難しい事を

昔の日本人も解っていて

注意を促す意味があったのでしょうね。

25歳(男性)は、仕事を始めたばかりで

今までと生活が変わるので

疲れやストレス等による

体調の不調に気をつけるように

設定されたのかもせれません。

33歳(女性)は、出産や育児で

疲れやストレスによる

体調不良を心配する時期なのでしょう。

37歳(女性)は、更年期に差し掛かり

体調が悪くなる方が多い時期なのでしょうね。

42歳(男性)は中高年の仲間入りの時期で

今までの生活習慣がもとで

病気になりやすい時期だからでしょう。

61歳は(男女とも)還暦なので

平均寿命の短かった頃には

老後の生活に注意するように

決められたのでしょうが

現在はまだバリバリ働いていますよね!

さて、それでは厄年になったら

どうしたらよいのでしょうか?

一般的には、厄除けと称して

神社やお寺にお参りをして

厄払いをして頂きますね。

その他にも縁起物として

長いものや、七色の物が良いとされています。

長いものは、年越しそばのように

平均寿命の短かった昔の人が

長寿へ憧れて、長生き=長いもの

という縁起を担いだのでしょう。

そのため、厄年の方は

長いものを自ら購入したり

送ってもらうことが多いですね。

七色の品物は

厄=八、九

に当たらない事から

七が縁起が良いと考えられているのです!

言われてみればなるほど!と思いますね。

厄年の方には

長いもの(白蛇と長財布)、七色のもの(七色厄除け帯)

がすべて備わった縁起の良い長財布を贈られては

いかがでしょうか?開運

こちらの財布は、国産の牛皮を

日本の職人さんが丁寧に作った

こだわりの逸品なので

売り切れが予想されますので

お早めにご購入くださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする