身近な花? アキランサスは霜が降りると・・・

最初から申し訳ないですが

花と言いながら

写真は真っ赤な葉なんです・・・

実はこのアキランサス

花はとても地味で

もっぱら葉の色を楽しむ

しかも、花壇が寂しいときの

リリーフ的な草花なんです。

というのも、

夏の終わりから晩秋まで

花壇や公園でよく見かけますが

霜に極めて弱いのです。

11月頃に気温がぐっと下がって

霜が降りるとアキランサスは

見るも哀れに真っ黒になって

じきに枯れてしまうのです(泣)

アキランサスは霜に当たらない

10度以下に下がらない温かい室内や

温室ならば冬を越せますが

値段が安いので

使い捨てにされる運命の

悲しい植物なんです。

本格的な冬が来る前に

綺麗な葉の色を

たっぷりと見て

楽しんでくださいね!

アキランサスのように

冬の寒さに弱い植物も、かなり普通に

園芸店やスーパーなどで売られていますので

見知らぬ植物や花を買うときには

枯らせることに罪悪感を持たない

強い心を持ちたいですね。

ちなみに、アキランサスの名前ですが

秋とは関係ありませんので

お間違いの無いように。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする