身近な花 アゲラタム

あなたは、花壇の中で

ずっと色が変わらず

長く咲き続けている

紫色の花を見たことが

あるでしょうか?

冬の始まりの11月頃まで

小さな花が丸く寄せ集まったような

とてもかわいい花なんです!

それが・・・

アゲラタムという花です。

色は紫や桃色が良く見かけますが

白もあるようですね!

霜が降りる頃までは

花壇で長く楽しめます。

花が長く咲くので

切り花にも向く

良い花だと思います。

トリビアネタですが

和名は

カッコウアザミ

なんです。

ちなみに、鳩時計と言われているものは

実は鳩ではなく、カッコーなのを

ご存知ですか?

上質なスイス製の手作りカッコー時計はこちらです↓

そういえば

アザミの花に

似ているかも

しれませんね!

ちなみにアゲラタムの

名前の由来は

ギリシャ語で

古くならない

という意味だそうです。

恐らく

花の色が長く変わらないので

そのような名前に

なったのでしょうね!

元々は

花壇や庭に植える

多年草ですが

最近では

切り花としても

売られておりますので

見かけたら

ぜひ買ってみて

花の色がずっと

変わらないことを

実感してくださいね!

花言葉は

信頼・安泰だそうです。

ますますアゲラタムが

好きなになりました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする