同じ事をしても結果に差が出るのはナゼ?

同じ事をしていても

人によって結果が

大きく異なることがありますが

それはなぜだろうかと思ったことが

あなたにはありませんか?

能力、才能、あるいは運も多少は

関係するかもしれませんが

実はそれは、こぐわずかな事で

最も大切なことは、教えられたことを

素直に実行することなのです。

本日、私は子供の通う学校で

昔遊びのボランティアに参加し、

小学1年生にコマまわしを

教えてきました。

コマにひもをかけたり

巻いて行く動作は

慣れてしまえば簡単ですが

コツをつかむのに少し時間がかかります。

教えてすぐに上手くできる子は

全体のわずか2割くらいで

後の子はまだまだ練習が必要でした。

そして・・・

どういった態度の子供がうまくなるか

ある傾向がみられました。

しっかりと私の説明を聞き

何回でもあきらめずに挑戦して

しかも、失敗を繰り返さず学習する

そんな子供は、最低限のアドバイスで

短い間にグッと上達します。

これは、ビジネスでも同じで

正しいノウハウを諦めずに挑戦し

同じ間違いを繰り返さず

成功するまでやり続ける事

これが最も大切なのです。

あなたが、さまざまなビジネスを

途中で挫折してしまっては悲しいので

困ったときには遠慮せずに

何でも相談してくださいね!

=================
【爆速起業家ozzyiida LINE@】
  
★スマホの方は、
こちらをワンクリックすると、
LINEに無料で登録できます。

うまく追加できない場合は
下のIDで検索してください。↓
hnd3282j
=================

編集後記:

今日も2日目のボランティアに参加し
   
1年生に木独楽まわしを教えたのですが
 
今日は先生からシールを預かり
  
独楽を回せた子には好きなシールを1枚
 
渡すよう指示されました。
 
 
 
些細な賞品ですが、何かもらえるとなると
 
子供たちに驚きの変化が見られたのです!
成長サプリ【SEGAGOON(セガグーン)】  
 
これについて、
 
さまざまな人間性を垣間見る
 
面白いエピソードがありますが  
 
知りたいですか?
 
 
 
もしご興味があれば、長くなりますが
 
このまま読み続けて頂ければ幸いです。
  
 
 
何と、大きく分けて4つの傾向がみられました。
  
  
  
1.頑張って賞品をもらおうとする子
   
2.賞品だけを欲しがる子
 
3.不正をしてでも賞品が欲しい子
 
4.全く無関心な子
 
  
 
また、うまく行かなかった場合の
 
対応方法でもいくつかの傾向がありました。
 
 
   
A.やり方を独自に工夫する子
  
B.教えてもらって工夫する子
 
C.教えてもらっても工夫しない子
 
D.教えてもらおうとも思わずに諦める子

 
 
1-A、1-Bの子たちはきっと
 
今後勉強の成績も運動も伸びていきますね。
  
   
  
2-A、2-Bはまだ可能性あります。
 
    
     
2-C、2-Dタイプは
  
まぐれでも、賞品が貰えればよいと
  
思っているのでしょうか?
 
宝くじに期待している大人と似ていますね。
  
 
         
3.のタイプの子は早い段階で修正が必要です。
 
 
  
4.のタイプの子は賞品に魅力を感じないか
   
あるいは心の病気を疑います。
    
   
 
私は、頑張った子には

上手くできなくても
  
 
 
小さな成功体験から

何かを得て欲しかったので
 
賞品のシールを渡す事にしました。
 
 
 
さて、あなたなら、どうしますか?

仮想通貨FXも【GMOコイン】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする