アイディアと情熱をマネタイズする具体的な方法を提案します

あなたは、漠然としたアイディアを

いくつかは持っていると思いますが

それをすぐに、お金に換える方法を

知りたいとは思いませんか?

先日

・プレゼンの神様

・アイディアや情熱をお金に換えるプロ

・マーシャルアーツの達人

・変な外人(笑)

である、ミッチ・カーソンさんにお会いして

プレゼンテーションについて学ばせて頂きました。

今回は、ご自身のビジネススクールである

マスターマインドのご紹介用

フロントセミナーだったため

ほんの一端しか学べませんでしたが

それでも得るものは大きかったです。

まずは、参加者をステージに登壇させて

ドンキで買ってきた品物を無造作に渡し

それをメタファーにしてプレゼンするという

無茶ぶりを行って頂きました。

ほとんどの参加者は慌てていましたが

何とか自分の番になると

うまく話をまとめられて流石だと思いました。

ちなみに私は電動歯ブラシを渡されたので

これを使って私のビジネスの一部を

宣伝させて頂きました。

どうやったかを知りたいですか?

■観察

自分の出番が来るまで

参加者のプレゼンを聞きながらも

渡された商品の特徴を良く観察しました。

最初はこれを突然動かして

「ギミック」を狙おうと思ったのですが

よく見ると「電池別売」との

表記がありました!

■方針の変更

そこで方針を変えて

電池に相当するものは

何なのかを考えました。

私がどんなプレゼンをしたか

知りたいですか?

■強いエネルギーを魅せる

壇上に上がり

私はまず元気よく挨拶して

商品の凄さをアピールしました。

次に聴衆に対して

その秘密を知りたいかを尋ねました。

そして、これは普通の歯ブラシではなく

電動で良く磨けることを伝えました。

■テストを行い、その結果を反映させる

ここで、観客が少しがっかりしたのを

すかさず読み取って

実はこれ、電池別売なのです!

と言って、デメリットを話し

笑いを誘います。

■話題の転換

そこで、話を変えて

歯ブラシの毛の部分は

実はあなたのビジネスや商品なのです

という話をすると興味を持ってくれました。

■興味を持ってくれた方に説明する

そこで、このままでも歯は磨けますが

つまり稼げますが

もっとこれを尖らせる(成長させる)

方法は、実は電池なのです!

■感情を引き起こす

というと、おー!という歓声が

沸き起こりました。

■第二の謎

そこでまた謎を投げかけます。

電池に相当するものは

何だと思いますか?

■アンケートの実施

何人かに聞いてみますが

正解が出ません。

■種明かし

そこで、ようやく

それは

マインド・セットなのです!

と答えを明かします。

■結論

締めくくりは

どんな良い歯ブラシでも

その性能を十分に発揮するには

電池に相当するしっかりとした

マインドセットが必要だと締めくくります。

■ここからセールスします!

しっかりとしたマインドセットを手に入れる

講座に興味があれば、詳細を教えますので

名刺交換してくださいと締めくくりました。

あなたは、自分の商品の宣伝として

どのようなメッセージを発信していますか?

美しいデザインや高機能だけで

商品が飛ぶように売れるのでしょうか?

あなたは、商品の特徴を

メリットもデメリットも正確に

お客様に伝えなければなりません。

しかし、嘘や誇大表現はダメです。

これをしてしまうと

あなたに対して「詐欺師」という

拭いきれない汚点がついてしまいます。

もし、あなたが

何も売るべき商品が今は無いけれど

自分の経験や知識、そしてアイディアを

直ぐにお金に替えたいと思うなら

このブログの読者様限定で

画期的な方法を提案させていただきます!

具体的に申しますと
あなたは以下が簡単に手に入ります。

1.あなたの経験・経歴をE-Bookにします

これまでのあなたの経験、経歴をインタビューし
あなたの自分史のようなE-Bookを作成します。

2.即販売できる形にしていきます

E-Bookはそのままでも販売可能ですが
さらに、収益が上がりそうな部分を深堀し
コンテンツレベルまで引き上げてより高額で
販売できるようにします。

3.セミナーに登壇できます

E-Bookの内容や、コンテンツによっては
あなたがセミナーや講演会に登壇するチャンスを
得る事ができますので、ビジネスの広告には
最適な環境を提供いたします。

4.JVの権利

評判の良い登壇者には、一緒に事業を行う
ジョイントベンチャーとして
ビジネスパートナー契約を結ばせて頂きます。

※尚、お問い合わせを頂いた方には完全無料で
 ビジネスを学べる、私のメルマガの読者登録を
 させて頂きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする