キジムナーが教えてくれたもの

キジムナー

 

伝説だっからヨー!

あなたは沖縄に伝わる伝説のキジムナーをご存知ですか?

何それ?

キジムナーとは、沖縄の伝説に伝わる生き物で、妖怪なのか地球外生命体なのか、あるいはUMAなのか良く解らない、謎の多いその割には認知度の高い不思議な存在です。

よく見かけるのは?

沖縄に行くと、あちこちにシーサーはあるけど、ちょと違ったオブジェがあったら、大抵はキジムナーです。

 

特徴は?

子供のように背は低いけど、身体能力がずば抜けていて、魚が好きだそうです。
そして、人間と仲良くなると、漁を手伝ってくれたり、金運を授けてくれるようです。

 

恐ろしい面も

愛嬌のある顔をしたオブジェが多いですが、実は恐ろしい面もあり、裏切られたりすると、相手の命を奪ったり、目を見えなくさせたりするそうです。

 

沖縄テレビのキャラにも

OTV(沖縄テレビ)のキャラにもなっており、「ゆ~たん」と言います。
このLINEのスタンプ可愛いので使っています(笑)

 

妖怪でも良いけど

人間と仲良くできれば一番いいですよね。お互いちょっと困るところは、良くコミュニケーション取って共存していけば、地球上の仲間と楽しく暮らせるのではないでしょうか?

 

ヒイラギとイワシの頭

節分の頃に、柊鰯(ひいらぎいわし)と言って、イワシの頭をヒイラギの葉に刺したものを、昔は家の外に飾って、鬼を寄せ付けないようにしたのですが、キムジナーの好物が魚の頭や目玉、そして目に関する災いなどから、どこか共通性を感じてしまうので、ひょっとすると、古代の内地の人が沖縄の伝承を聞いて、空想上で鬼を作り出したのでは?などと考えてしまうのです。

どうでもいいお話にお付き合いいただきまして、誠にありがとうございます!

 

編集後記:

イワシの頭も信心とはどういう意味でしょうか?
どんな些細な事も、信じ続けていれば願いが叶うという事だと私は思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です