SSL化を有効化できました!

2つのサーバ、2つのドメイン

弊社は現在2社のレンタルサーバ、及び2つのドメインで業務を行っておりますが、こちらのサイトのSSL対応がようやく完了しました。

 

SSLとは?

SSL(Secure Sokets Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信するプロトコル(手続き)で、主にWebサイトの閲覧者とサーバ間のデータの送受信で用いられます。

通常の送受信と異なるのは、データを暗号化して送る点です。

このため、第三者からデータを盗み見られたり、改ざんされるリスクが大幅に減ります。

上の図を見て頂けると、URLが「http」ではなく「https」から始まっていますよね!
あなたが今この記事を見ている時も、ブラウザで同じように表示す。

昔から、個人情報を入力するお店のページや、お客様情報の入力フォーム等で、多くのサイトでSSL化されていたのですが、普通のブログでこれを行うことは稀でした。

このように、フォームのみhttpsのURLに対応しているサイトをよく見かけますが、現在注目されているのは「常時SSL」といい、サイトの全ページをhttpsにすることなのです。

個人情報の送受信だけが守られていれば良いと思うかもしれませんので、常時SSLにするメリットを考えてみましょう。

 

サイト全部をSSL化するメリットは以下4つ

セキュリティの強化

個人情報とは、パスワード、クレジットカード番号だけではないのです。実はブログなどの記事を見ている時も、cookie等のデータが含まれていることがあるのです。あなたが、そんなサイトを見たかなんてことも、閲覧履歴に残っているので、それを盗聴されたら嫌ですよね?
常時SSL化することで、これらの情報の盗聴も防ぐことができます。

信頼性の向上

SSL化の際、第三者機関のSSL認証局がSSLサーバ証明書を発行します。これは役所で住民票を発行してもらうのと似ており、サイト運営者の健全性を証明するのです。

なぜかというと、証明書の種類にもよりますが、サイト運営企業の実態まで調査してから発行されるからです。SSLサーバ証明書は、ユーザーがブラウザで確認することができます。

これによってユーザーにSSL化された安心して利用できることをアピールでき、サイト、並びに企業の信頼性が向上しますね。

ブラウザでSSLサーバ証明書を確認する方法は以下です。(Google chromeの場合)

まず、保護された通信の左の鍵の部分をクリックします。

すると以下が表示されます。

 

この中の証明書

更に詳しく見るには、上図の赤丸の中の有効をくりっくすると、下の表示になります。

 

アクセス解析でのリファラーの精度向上

Google Analytics等でサイトのアクセスデータの解析を行っていなければ、関係ないですが、これは、どこから自分のサイトへ訪問されたかを知ることができる「リファラー」データの精度があがるので、アクセス分析をきっちり行いたい方には重要な項目です。

SEOに有利

Googleは2014年8月から、httpsを検索結果のランキングシグナルに使用することを、公式に発表しましたが、なんのこっちゃですね。

これは、「httpのサイトよりhttpsのサイトの方が検索順位を優遇する」と受け取れます。

この発表から、常時SSLが以前よりも注目を集めるようになったのです!

弊社の対応が遅くなった原因

単に管理者がいないので、代表が自ら申請、設定したため、やっと沖縄出張前に完了しました。(泣)

 

なぜにSSL化を?

それは、お客様からお預かりした、大切な情報を、悪意のある第三者に奪われないために、費用とじかんをかけて取り組みました。

 

SSL化することのデメリットも

運用コストとして、証明書発行費用、人件費等費用が増えますね。私のように・・・

また、非SSL対応の広告サイトを広告できなくなるので注意が必要です。

同様に非SSL対応のサイトへのリファラーが渡せなくなるので、どこから訪れたかの分析が難しくなります。

 

まあ、作業メモ程度の物ですが、あなたのお役に立てれば幸いです。

 

一般社団法人 わく・ドキ財団を認定NPO取得するために頑張っております!
活動資金の支援希望はこちら
協賛企業募集中!
スタッフさん募集中!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です