仏教では親に対する恩を10個に分けて教えられていますが、あなたはいくつ自覚していますか?

今日はちょっとした親孝行で、子供を連れて実家に行きます。

コストコでお気に入りのもずくなどを買い、持参します。

 

親の恩

ところであなたは、恩、特に親に対する恩を、いつも意識していますか?

仏教では、犬でさえも3日飼ったら恩を忘れないのだから、恩を知らないということではお粗末だと戒めています。

しかし、恩というものが何かを知らなければ、恩を感じることもありませんね。

また、日頃から恩を感じることがなければ、恩返しの気持ちも出てこないでしょう。

 

仏教においては、最も身近な存在である、親の恩を例にしています。

従って、まず親の恩を知ることで、親孝行の心が生まれると説明しています。

 

では、親には、どのような恩があるのでしょうか?

ブッダはこの恩を、10に分けて教えています。

 

しかしあなたは、普段は自分の事ばかり心配し、これらの恩を忘れてはいませんか?

 

・懐胎守護(かいたいしゅご)
 あなたがお母さんのお腹に宿った頃の恩
・臨生受苦(りんしょうじゅく)
  生まれるとき大変な苦しみを与えた恩
・生子忘憂(しょうしぼうゆう)
 あなたが生まれた時に喜んでくれた恩

・乳哺養育(にゅうほよういく)
 赤ちゃんの時にお乳をくれた恩

・廻乾就湿(かいかんじゅうしつ)
 あなたのおねしょを乾かしてくれた恩

・洗灌不浄(せんかんふじょう)
 おむつを替えてくれた恩

・嚥苦吐甘(えんくとかん)
 あなたに好きな食べ物を持ち帰った恩

・為造悪業(いぞうあくごう)
 あなたのために悪い事も厭わない気持ちへの恩

・遠行憶念(おんぎょうおくねん)
 離れていても心配してくれる縁

・究竟憐愍(くきょうれんみん)
 大きくなっても最後まで心配してくれる恩

 

 

それでは、あなたがどのように恩に報いたら良いのでしょうか?

ブッダは、元気なときに、新鮮な果物を差し上げることを勧めています。

なんだか現代の人のようですね。

しかしブッダのお考えは深く、親は頂いた果物をまずは仏壇にお供えするので、仏様との縁を深めるからだそうです。

 

では元気でない時、特に病気の時などは、どうするのでしょうか?

もしあなたの両親が、病気になったのなら、枕元を離れないで、やさしく自分で看病することを勧めています。

特に他の人に看病を任せてはいけませんと戒めています。

そして、時間をみて、よく親の話を聞き、体に良い食事をすすめることが大切と説きます。

 

もし親が休んだなら、心を落ち着けて寝息を聞き、目を覚ましたら、お医者さんに聞いた薬を勧めるように説きます。

さらに、常に仏法を大切にし、親の病が治ることを願い、親孝行の気持ちを片時も忘れないよう説いています。

 

ある弟子から、ブッダに上記だけの親孝行をすれば良いかを尋ねられた時、両親に物やサービスを与えるのではなく、道理を教え、そして苦悩を解決して、幸せになってもらうことを勧めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です