SPSR®とは、あなたの現状を診断し、最適なゴールを探す最新手法です!

SPSR®は、お陰様で2019年3月8日に商標登録されました!

登山の経験

あなたは、山に登ったことがありますか?

近くの里山ですら、道に迷うこともあるので、登山は決して侮ってはいけません。

 

なぜ道に迷うのか

小さな子供ならいざ知らず、どうして大人が道に迷うのでしょうか?

それは思いこみが大きく影響しているのです!

「この道を進んだら、頂上へ行く!」と、直感を信じて突き進むと、気がつくと既に、道に迷っているのです。

更に、運が悪いと、下山するルートも思い出せなくて、遭難してしまう事にもなりかねません。

また、疲れて体力が落ちてくると、判断力が鈍ってしまうので、更に危険が増します。

 

道は沢山ありますが・・・

高い山になるほど、登山ルートは沢山あります。

中には最短で登れるのですが、死亡事故の確率が高く、6割が死亡するという、とても難しいルートもあります。

その代わりに、時間と滞在費がかかりますが、98%が生還する、安全なルートもあります。

以上極端な2つの例を出しましたが、あなたのビジネスも登山と同じなのです。

色々なルート(方法や手段)を検討し、その時の気象状況(流行や財務状態)によって、様々なルートに軌道修正する必要があるのです。

 

ルート検討のポイントは?

SPSR®という、最新手法を使うと分析が便利です。
 
競合する他社の状態を調べる、SWOT分析の、経営者個人の状態を分析する手法だと思って頂くと、解りやすいです。
 
分析には、まず4項目のあなたの状態をチェックし、詳細な診断を通じて、目的に安全に到達することを目指します。
 

Status(健康、財務などの状態)

あなた自身の健康状態、あるいは会社の財務状態を、理想の状態から、現状でどのくらいの差があるか確認します。

例えば、あなたが起業準備中で、週にどのくらいの時間をビジネスに充てられるか、宿泊を伴う出張は可能かなどを検討して、現在の状態を認識します。

 

Potential(体力、潜在能力)

ここでは、あなたの潜在能力や体力を確認します
 
体力で言えば、ウオーキング、ジョギング、ランニングなどの、自分のスピードが、平均と比べてどのくらいなのかを、はっきりと認識します。
 
具体的には、あなたのIT、レポート作成、デザイン、リサーチ、プレゼンテーション、マーケティング、セールス、クロージング、コンサルティング、サポート等のスキルを分析していきます。
 
ポイントとしては納期に関して、第一線のプロとどのくらいの差があるかを把握するのです。
 
尚、ここでは品質について考えず、今のスキルでどのくらいの時間で納品できるか、スピードに的を絞ります。
 
潜在能力に関しては、あなたがまだ気がついていない能力の可能性を探します。
 
例えて言うなら、小川の中から砂金を探したり、石ころの中から、価値のある宝石の原石を探すようなイメージですが、次のステップでヒントが出てきます。
 
 
 

Skill(スキル、知識や経験)

あなたが現在持っているスキル、経験や知識を正確に把握し、その知識や経験は、どのくらいの市場価値があるかを調べます。
 
尚、ここでは、納期より品質について的を絞ります。
 
ここで、あなたのスキルを再確認する事により、前述の潜在能力も解ってきます。
 
 
 
 

Resource(リソース、資源)

こちらは、あなたが現在使える資金、スタッフ、協力会社などをリストアップします。
 
 
 
 

登山に例えると

S=(健康状態や資金)

高山病や長い登山に耐えられる健康状態であるか、滞在費や装備品の購入資金がどのくらい必要かを検討する必要があります。
 

P=(体力や高山病への耐性)

どのくらいの難易度の山に登れるか、現在の体力や高山病などの、起こりうる困難への耐性を検討します。
 

S=(登山のスキルや経験)

過去に登ったことのある山や、登山回数を把握し、経験を客観的に見ます。
 

R=(ガイドや装備品に使える資金と協力者)

登山にどのくらいの資金をかけられるか、またどのくらいの協力者が必要かを検討します。

 

ほとんどの方は、世界最高峰の山に、あなたが登ることを考えないと思いますので、以下に身近な例をご紹介します。

 

占いサロン開業に例えると

S=(健康状態や資金)

開業に耐えられる健康状態であるか、店舗の固定費や備品の購入資金がどのくらい必要かを検討する必要があります。
 

P=(体力や耐性)

毎日開業できるか、あるいは顧客とのコミュニケーションができるか、さらに、クレーム対応ができるかなど、起こりうる困難への耐性を検討します。
 

S=(占いのスキルや経験)

過去にどのくらいの人を占ったかを把握し、経験を客観的に見ます。
 

R=(スタッフや開業に使える資金と協力者)

開業にどのくらいの資金をかけられるか、またスタッフは何名必要か、協力者が得られるかなどを検討します。

 

まとめ

 

このように、SPPR®は、あなたの目標に応じて、それぞれの4項目を分析します。

その結果、あなたに最適な方法をご提案できる手法なので、どのような業種にも対応することが可能です。

 

ご利用いただける例:

進学塾の進路相談に

生徒の現状を詳しく知ることで、お互いに無理のない進路決定が可能です。

新入社員研修に

企業様の新入社員研修、あるいは入社前研修にご利用いただくことで、同期の社員同士の結束を強めることが可能です。

管理職研修に

企業様の管理職研修にご利用いただくことで、管理職同士、または、その内容のフィードバックとして、部門内の社員同士の結束を強めることが可能です。

プロジェクト研修に

プロジェクトを立ち上げた際など、プロジェクトリーダーにご利用いただければ、リーダー同士、また、その結果をフィードバックすることで、プロジェクトメンバーの結束を固めることができます。

店舗などに

 
店舗などにご利用いただければ、社員、契約社員、パート、アルバイトなどの枠を超えた、店舗運営の結束を固めることができます。
 
 

なぜ効果がでるのでしょうか?

それは、SPSR®を通じて、メンバーの事を良い部分も足りない部分も、客観的に知ることができます。
 
その結果、どのような人員構成が必要であるか、また、どのようなスキルを習得すべきかがハッキリします。
 
 
 

講演、講習会等のご希望、お問い合わせはこちらです!